日本語教師に求められるスキル

外国人に対して日本語を教えることは、日本人であれば誰であってもできると思われがちですが、いざ実際に教えてみる段になれば、それがいかに難しいことであるのかがわかるはずです。

日本語教師のことならお任せください。

このように外国語としての日本語を教えるためのスキルを体系的に学習してそれを職業としているのが日本語教師です。


日本語教師になるための資格は法律上には特段の定めはありませんが、海外や国内にある多くの日本語学校では、たとえば専門の学科がある4年制大学を卒業していることや、あるいは日本語教育能力検定試験に合格していることなどを条件として掲げていることがほとんどです。



日本語教師になるために大学で履修する時間数は最低でも420時間とされていますが、そのカリキュラムのなかにはさまざまなスキルが詰まっています。

たとえば文法は言語によって違いがありますので、日本語の特徴を正しく理解していることが必須です。



また会話をする上では発音やイントネーションなどの音声学の知識も必要となります。
学習者のモチベーションがどのように深まるのかという教育心理学の知識や特定の教材を使った効率的な教授法の知識などもやはりたいせつです。
さらに学習者からは日本という国に対してさまざまな疑問や質問が寄せられることを想定して、日本の歴史や文化、しきたり、社会制度などについてもひととおりの理解が求められますので、事情を知らない一般の人が思う以上のスキルが必要なことがわかります。