日本語教師になるためのステップ

外国人に日本語を教える日本語教師となって国内や海外の日本語学校などで活動したいと考えている場合は、大学の日本語教育専攻に入学するのが近道といえます。


もっとも対応する学部や学科をもっている大学はそれほど多くはありませんので、受験にあたってはよく下調べをしておくことがたいせつです。

幅広い分野の日本語教師の為になる情報です。

大学では少なくとも420時間以上を履修するというのが標準的なシラバス構成とされています。無事に所定の科目を履修して卒業することができれば、日本語学校などに日本語教師として採用されるためのスタートラインに立ったといえるでしょう。しかしすでに大学を卒業し、専業主婦や定年退職後の人生での余った時間を活用して日本語教師の道に進みたいという場合には、再入学は現実的は選択とはいえませんので、別の方法を探す必要があります。
この場合には日本語教育能力検定試験を受験して合格することが、採用資格を認められるための条件となることがほとんどです。



日本語教育能力検定試験の出題内容も基本的にはこの420時間の範囲内で履修すべき事項を基本としているため、専門的な学習なしに合格することは至難の業といえます。


そこで民間の日本語学校その他の専門学校などが開講している日本語教師養成講座を受講して、専門的な知識や経験を高めた上で、この試験を受験するというのが一般的な流れです。

試験に合格すると合格証書が事務局から郵送されてきますので、この証書がたしかな実力の証拠となります。